異年齢の集団ってやっぱりいいなー12/19 (^_-)-☆

すくすくの生活の中で、子どもたちは、友だちと気持ちが会うときもあれば、拒否したり、されたり、楽しい、嬉しい、悲しい、怒り、など様々な感情が小さな心を動かしています。それでも帰るときは、笑顔でタッチ。
K君が遊んでるお家にピンポーン。しかし何故かきょうは拒否するK君。仕方なく別にお家を作ると、ひとときのEちゃんとHちゃんが入ってきて、たまたま一緒になったのがきっかけで、二人がくっついて動くことが多くなり、同じ手提げに同じものを入れ二人ニコニコ。EちゃんがHちゃんの所に押しぐるまで積み木を運んでくると、持って来てくれた押しぐるまを自分で押したくなったHちゃん。二人の思いの違いで押しぐるまの取り合い。ママが言葉をかけると余計に意固地になってしまう二人😩
でも、スタッフの魔法?の言葉のお陰で二人はまた元のように遊び始めていました。
昼食後.みんなより少し大きいKちゃんが、リードして遊ぶ姿があり、K君やMちゃんがKちゃんの話を聞きながら、指示に従って遊んでいました(^。^)
かと思えば、1歳になったばかりのSちゃんがその遊んでるものに手を出して落としてしまったのですが、「しょうがないなー」と言わんばかりに「あーあ」と、拾って遊びが続いていました😊

2018年12月29日