5/27の木育で‥‥

アレレ~⤴ナンダコリャ❔❗ 開始時間を過ぎたと言うのに、いつもの足音が聞かれない❗❗
予約の電話も入らなかったが、お話が始まる頃には予約してない人も含めそこそこの人が集まっているのだけど、今日は本当に静かだ❗ どうした?⁇ 今日は来場者、無し⁉️
アリャ~⤵💧💧💧
こんな日もあったのか⁇⁇
諦めかけた時、階段を登って来る足音が!
やっといつもの木育に!
やはりカプラの魅力は年代を超えてあるんだなーー/(^o^)\
カプラで高い塔を小学生と他の子どものお父さんが作り出していた。届かなくなったら男の子は、椅子をもってきてカプラを重ねていき、その椅子の高さは次第に高くなり‥‥途中お母さんがカプラを渡す役を買って出てくれて、終いにはお父さんに肩車してもらって重ね‥‥
この時にはもう周りの人たちは小学生の持つカプラに釘づけ。無事置けると、ハ〜〜、フ〜〜力が抜け、その繰り返し。時々その場の緊迫感お構いなしに塔の方にヨチヨチと近づいて行く子に、ア〜〜と声出し手を出しする周りの傍観者達。
しかしその時は来てしまった❗️
期せずして起こったみんなの拍手、そして見ず知らずの小学生とお父さんが、お互いの労をねぎらい讃えるかのように握手していた🤝
出だしはどうなることかと思ったきょうの木育、なんと感動的だったことか❗️

2018年05月31日